周辺案内

周辺案内

道の駅みつ

道の駅みつ2010年2月にオープンした道の駅。
海が目の前で絶景のロケーション、売店では新鮮な野菜やお魚・地元の名産品がいっぱい。
名田忠山荘の行き帰りにぜひお立ち寄り下さい。

姫路城(世界遺産)

姫路城(世界遺産)

美しい白の城壁を持ち別名を白鷺城と呼ばれる姫路城。
美しい外観とは裏腹に中は完全を誇る要塞。歴史の重みを実感できます。
車で約40分。駐車場多数あり
http://www.himeji-castle.gr.jp/index/Japanese/index.html

書写山(円教寺)

標高371メートル、兵庫県姫路市の西北部に位置する書寫山。
市街地近郊には珍しく特別鳥獣保護区に指定され、春のコバノミツバツツジやモチツツジに始まる四季の花々鳥類、昆虫類の豊富な山。
車で45分 ロープウェイで山頂へ
http://www.shosha.or.jp/

うすくち龍野醤油資料館

「色をつけずに良い味つける」これが龍野淡口醤油です。
薄口醤油は300年前から始まり、揖保川の軟水は醤油造りに適し、脇坂藩の保護のもと発達しました。
そんな醤油造りの資料を展示しています。 TEL・FAX:0791−63−4573

そうめんの里

全国的にも名前が知られている「揖保の糸」。
そうめんの里は、播磨の地に生まれ育った手延べ素麺を紹介し、その歴史ある伝統を学び、味わいを体験するテーマ館です。
TEL:0791−65−9000 FAX:0791−65−9008

龍野公園

鶏龍山西側一帯の山麓は、西播丘陵県立自然公園で龍野公園と呼ばれています。
また、ここは県下一の桜の名所で、春の一目三千本の桜の満開は見事なものです。

聚遠亭(茶室・楽庵)

そのむかし、松平定信が来遊し、ここからの絶景をたとえて「聚遠の門」とよんだことから名付けられました。
その名の通り遠く淡路島、瀬戸の島々を見ることができます。土日曜日にはどなたでも利用できる茶室がもうけられます。

紅葉谷

春の新緑、秋の紅葉の美しさは訪れる人々の心を魅了します。
紅葉谷から坂を上ると両見坂、ここから山陽自然歩道でハイキングにてきしています。

野見宿禰(のみのすくね)神社

角力の元祖で有名な野見宿禰が故郷の出雲に帰る途中に龍野で病死。
当時は一面野原で「野に立つ人」「立野」といい、いつしか「龍野」となったそうです。歴代の横綱が玉垣を寄進しています。

童謡の小径

昭和62年7月に全国より「あなたの好きな童謡」を募集し、上位8曲を対象に、
その曲にふさわしい環境を整備し、メロディーの流れるセンサー付の童謡歌碑を設置し「童謡の小径」が整備された。